こんにちは、美由紀です。
今回は「Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決方法」について解説したいと思います。

※注意
対処方法なので、ダウンロード後にインストールが正常にできた場合にはこの記事は読み飛ばしてください。

■概要
Office2013無料お試し版(評価版・体験版)をインストールできない。

■詳細
Microsoft Office2013無料お試し版(評価版・体験版)のダウンロード中、IMGファイル「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」がダウンロードされ、ダウンロード完了後、Microsoftのダウンロードページ右側に表示される「ファイルのダウンロード」をクリックしてもインストールができない。

▼参考
「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」のアイコン

Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)のダウンロード中に入手する「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」のアイコン

 

▼参考
Microsoft OfficeProfessionalPlus2013(無料お試し版(体験版))のダウンロードページ

Microsoft OfficeProfessionalPlus2013(無料お試し版(体験版))のダウンロードページ

 

■対処方法
以下に記載していきます。

※注意
Windowsのバージョンによって対応方法が違うため、OSのバージョンを以下の2種類に分けて解説していきます。
自分のPCのOSに合わせて手順を進めてください。

●OSがWindows8の場合の解決方法
●OSがWindows8以前の解決方法

それでは、「Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決方法」手順に移りたいと思います。

 

【OSがWindows8】の場合のMicrosoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決方法

【OSがWindows8】の場合の「Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決方法」です。

→ Microsoft office 2013評価版のダウンロードした時のIMG形式のファイル「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」をダブルクリックします。

▼参考1
特に保存先を指定していない場合、「ライブラリ」→「ドキュメント」に保存されています。

▼参考2
「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」のアイコン画像

Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)のダウンロード中に入手する「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」のアイコン

 

→ 完了です。
Windows8では、ソフトを入れなくても今回のIMGファイルを開ける様になっています。
ダブルクリックで「Microsoft Office Plus Professional2013」が起動し、規約画面「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください」が表示され、次へ進めるようになります。

Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)起動時の規約画面

 

スポンサードリンク

【OSがWindows8以前の場合】のMicrosoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決方法

【OSがWindows8以前の場合】の「Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決方法」です。

※注意
Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)をダウンロードしたいPCに、DVDーRがある場合、DVD-Rが無い場合で対処方法が異なります。

■DVD-Rがある場合
→ ファイルをダウンロードしたIMG形式のファイル
「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」をDVDに焼くと、DVDで再生する事ができます。

▼参考
「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」のアイコン画像

Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)のダウンロード中に入手する「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」のアイコン

 

■DVD-Rが無い場合
→ 仮想DVDドライブを作る事により、仮想DVDドライブ上でIMG形式のファイルを開く事ができます。
仮想DVDドライブは、ソフトを使う事により利用できるようになります。
今回の手順は、仮想DVDドライブ「Virtual CloneDrive(※無料)」を使います。

配布元:「SlySoft.com」
仮想ドライブのソフト名:「Virtual CloneDrive(※無料)」

→下記サイトにアクセスし、「ダウンロード」を選択します。

▼SlySoft.com(※外部リンク)
http://www.slysoft.com/ja/virtual-clonedrive.html

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決するため、OSがWindows8以前では仮想DVDドライブ「Virtual CloneDrive (Freeware)」の配布元サイトSlySoft.comにアクセスします。

→ 「ダウンロード」欄に表示される「Virtual CloneDrive (Freeware)」を選択し、PCの任意の場所に保存します。

▼参考
Freeware(フリーウェア)とは、無料ソフトのことです。
今回のVirtual CloneDrive (Freeware)」は、無料ソフトの意味になります。
逆の言葉は、Shareware(シェアウェア)と言って有料ソフトと言う意味の言葉があります。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」の「ダウンロード」欄に表示される「Virtual CloneDrive (Freeware)」を選択し、PCの任意の場所に保存します。

 

→ 保存したファイル「SetupVirtualCloneDrive5470.exe」を起動し、インストールを始めます。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合の解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」を保存したファイル「SetupVirtualCloneDrive5470.exe」を起動し、インストールを始めます。

 

→ 「VirtualCloneDrive Setup:使用許諾契約」が表示されるので、内容を確認し「同意」を選択します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」をインストールしたファイルを起動した後「VirtualCloneDrive Setup:使用許諾契約」が表示されるので、内容を確認し「同意」を選択します。

 

→ インストール設定画面が表示されるので、「imgファイルに関連付け」にチェックを付けて「次へ」を選択します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」のインストール設定画面で「imgファイルに関連付け」にチェックを付けて「次へ」を選択します。

 

→ インストール先の指定画面が表示されるので、仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」をインストールしたいフォルダを指定し、「インストール」を選択します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」のインストール先の指定画面で仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」をインストールしたいフォルダを指定し、「インストール」を選択します。

 

→ インストール中に下記の確認画面が表示される場合、「インストール」を選択します。

▼参考
確認画面の内容
——————————
「このデバイス ソフトウェアをインストールしますか?」
名前:Elaborate Bytes AG 記憶域コントローラー
発行元:Elaborate Bytes AG
——————————

※注意
「Virtual CloneDrive (Freeware)」の起動に必要なデバイスソフトウェアのため、インストールしないと起動しません。そのため、この画面で「インストールしない」を選択した場合は、「Virtual CloneDrive (Freeware)」が起動しなくなります。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」のインストール中に確認画面が表示される場合、「インストール」を選択します。

 

→ 「インストール完了」画面が表示され、「インストールが完了しました」と表示されたら「閉じる」を選択します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」の「インストール完了」画面が表示され、「インストールが完了しました」と表示されたら「閉じる」を選択します。

 

→ デスクトップに「VirtualCloneDrive」が作成されるので、ダブルクリックして起動します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」のインストールを行い、デスクトップに「VirtualCloneDrive」が作成されたらダブルクリックして起動します。

 

→ デスクトップの「コンピューター」(または「マイコンピューター」)を選択し、「マイコンピューター」内に新しいドライバーが追加されているので、右クリックし「Virtual CloneDrive」の「マウント」を選択します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive(※無料)」起動後、デスクトップの「コンピューター」(または「マイコンピューター」)を選択し、「マイコンピューター」内に新しいドライバーが追加されているので、右クリックし「Virtual CloneDrive」の「マウント」を選択します。

 

→ 仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive」画面が表示されるので、「全てのファイル」を選択し、保存していたIMGファイル「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」を表示させて「開く」を選択します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive」画面に戻った後、「全てのファイル」を選択し、保存していたIMGファイル「OfficeProfessionalPlus_x86_ja-jp.img」を表示させて「開く」を選択します。

 

→ 「自動再生」画面が表示されるので、「Setup.exe」を選択します。

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない場合を解決するため、OSがWindows8以前では仮想ドライブのソフト「Virtual CloneDrive」を利用すると「自動再生」画面が表示されるので、「Setup.exe」を選択します。

 

→ 完了です。
「Microsoft Office Plus Professional2013」が起動し、規約画面「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください」が表示され、次へ進めるようになります。

Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)起動時の規約画面

 

これでインストールに進めるようになりました。
続きは、通常通りのインストール手順で進めることができます。

▼関連記事
Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)のダウンロード手順(Windows)

 

Microsoft office 2013評価版のダウンロード時「ファイルのダウンロード」を選択してもインストールできない現象についてのあとがき

Microsoft office 2013無料お試し版(評価版・体験版)のダウンロードファイルはIMGファイル形式だったので、それを読み込める環境が必要です。

Windows8では、IMG形式を開けるようになっています。
それ以前のOSだと、DVD-Rに書き込んでセットアップするか、フリーのソフトを使うなどで仮想DVDドライブを作ってIMG形式のファイルでもインストールに進めるようになるようです。

▼関連記事
Microsoft Office2013無料お試し版(体験版)のダウンロード手順(Windows)

——————
動作の確認環境
ソフト Virtual CloneDrive 5.4.7.0
ソフト Microsoft Office Plus Professional2013(無料お試し版(体験版))
OS  Windows 7
——————