※この記事は編集中です

こんにちは、美由紀です。
今回は「Macで無料通話ソフトSkypeのインストールと初期設定方法」について解説したいと思います。

今までWindowsを使っていたのですが、Windowsが壊れてしまって家の奥に眠っているMacさんのお世話になってきて最近やっと慣れてきたのでスカイプダウンロードついでに記事にしています。

OSがMacの場合はこのまま読み進んでください。
OSがWindowsの場合は下記の別記事を参照してください。

▼関連記事(※サイト内リンク)
無料通話ソフトSkypeのインストールと初期設定方法(Windows用)

それではMacようのSkypeの話に戻りたいと思います。
Skypeは、日本語読みするとスカイプと読みます。
Skype同士で無料で通話できるPC用フリーウェア(無料ソフト)です。

最近はスマフォや携帯ににアプリとしてDL(ダウンロード)できるので、SkypeをDLしているスマフォや携帯のSkypeに対してなら、無料で通話できちゃったりします♪

スカイプのアイコン


※注意
Skype同士は無料ですが、Skypeから一般電話やスマートフォン、携帯電話に電話回線にかける場合は有料になるのでご注意ください。

▼参考
Skypeだと、どこ相手なら無料になるか具体例を挙げるとこんな感じです。

PCのSkypeから、PCのSkypeに通話するのは無料。
PCのSkypeから、一般電話やスマートフォン、携帯電話のSkypeに通話するのは有料。
PCのSkypeから、一般電話やスマートフォン、携帯電話の電話回線に通話するのは有料。

私は初めての時、「やったー!これで電話無料だーーー♪」って思っていたのですが、Skypeが入っている機器のSkype同士が無料で、その他のところに電話すると有料だと後から気付きました。

電話する友達にSkypeを広めれば広めるほどお互い電話代が無料になるので便利になります♪
Lineから抜け脱したい時とかにオススメかもしれないです♪

Skypeをはじめるには、MSNのアカウントが必要になります。
MSNのアカウントを持っていない場合は、下記の別記事でアカウントを作成してください。
※Outlook.comのアカウント手順になっていますが、MSNのアカウントは同じログインパスワードなので、アカウント作成すれば利用できるようになります。

▼関連記事(※サイト内リンク)
無料メールアドレスOutlook.comのアカウント作成手順

※注意
画像付きで解説させていただいていますが、Skypeのインストール手順はお使いのOSやブラウザ環境によって、画面遷移が異なる場合があります。

それでは、手順に移りたいと思います。

 

Skypeのダウンロード手順

Skypeは、Skype(MSNのサービス)のトップページからダウンロードしてPCにインストールすることができます。
ここでは、Skypeのトップページからダウンロードする手順を記載したいと思います。

→ 「Skype」のトップページにアクセスします。

▼Skype(公式サイト)
※外部サイトにアクセスします。

https://www.skype.com/ja/

MacでSkypeのインストールするためにSkypeトップページにアクセスする

 

→ Skypeのトップページ中央に表示されている「Skypeをダウンロード」を選択します。

SkypeトップページのSkypeをダウンロードを選択

 

→ Skypeのダウンロード画面が表示されます。

Mac版の無料通話ソフトSkypeのダウンロード画面を表示する

 

→ Skypeのダウンロード画面に表示されている「Skype for Mac をダウンロード」を選択します。

Mac版の無料通話ソフトSkypeをダウンロード画面でSkype for Macをダウンロードを選択する

 

→ 「新しくなったSkypeを今すぐ使い始めよう」という画面に変わり、ダウンロードが始まります。
ダウンロードが終わると左下にダウンロードしたファイルが表示されます。

▼参考
手順を作成した時点では、Skypeのダウンロードファイル名は「Skype_7.30.274.dmg」でした。

Mac用のSkypeのファイル形式は「dmg」です。

Mac版の無料通話ソフトSkypeのダウンロードファイルSkype_7.30.274.dmgの画像

新しくなったSkypeを今すぐ使い始めようという画面に変わり、Mac版の無料通話ソフトSkypeのダウンロードが始まる

 

これでダウンロードは完了です。
次はダウンロードファイルを使って、Macにインストールする方法に移りたいと思います。

 

Macで無料通話ソフトSkypeをインストールする方法

ダウンロードが終わったので、Macにインストールします。
先ほどダウンロードしたダウンロードファイル「Skype_7.30.274.dmg」を使います。

Mac版の無料通話ソフトSkypeのダウンロードファイルSkype_7.30.274.dmgの画像

 

→ Skypeのファイル「Skype_7.30.274.dmg」をダウンロードが終わると、Finderが起動します。

▼参考
Finderが起動しない場合は、Dock(ドック)からFinderを起動することができます。
Finderとは、Dock(ドック)の一番左に表示されている顔アイコンです。

▼Finderのアイコン
Dockに表示されているFinderのアイコン

Mac版の無料通話ソフトSkypeのダウンロードファイルを開くためにFinderを起動する

 

スポンサードリンク

→ Finderが表示されるので、左側のメニューから「ダウンロード」を選択し、ダウンロードしたファイル「Skype_7.30.274.dmg」を選択して起動します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストールと初期設定方法

 

→ 「Skype」のウィンドウが表示されたら、「Skype.app」のアイコンを「Applications」にドラッグアンドドロップします。

Mac版の無料通話ソフトSkypeをダウンロードした後にSkype.appをApplicationsに移動する

 

→ 「”Skype.app”を”アプリケーション”にコピー中」と表示されファイルの移動が始まりまるので、移動が終わるまで待ちます。

Mac版の無料通話ソフトSkypeのファイルSkype.appをApplicationsに移動する

 

→ これでインストールは完了です。
Macの「アプリケーション」に、Skypeがインストールされました。

インストールが終わったので、Skypeの初期設定に移りたいと思います。

 

Skypeの初期設定方法

インストールが終わったら、Skypeを起動して初期設定をします。

→ Finderウィンドウにある左側の「アプリケーション」を選択し、右側の「Skype」を選択します。

Mac版の無料通話ソフトSkypeをダウンロード後にアプリケーションの中からSkypeを選択してSkypeを起動する

 

→ 確認画面「”Skype.app”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」と表示されるので、「開く」を選択します。

Mac版の無料通話ソフトSkypeを起動時に表示される画面で開くを選択する

 

→ 「Skype」が起動したら「Skype名、メール、携帯電話」と「パスワード」を入力し「サインイン」を選択します。

※注意
Microsoft アカウントでログインする場合は、メールアドレス(@の右側まで全て)を入力します。

Mac版の無料通話ソフトSkypeを起動してサインインする

 

→ 「サインイン」の画面に変わり、「Microsoft アカウントを使用してください。」と表示されます。
「Microsoft アカウント」(Outlook.com)のメールアドレスと「パスワード」を入力して、「サインイン」を選択します。

Mac版の無料通話ソフトSkypeを起動してサインイン画面からMicrosoftアカウントを利用してサインインする

 

→ 再度「サインイン」すると、下記の確認画面が表示されます。

▼確認画面のテキスト文面
“Skype.app”から”連絡先”にアクセスしようとしています。
Skypeを使って、連絡先への通話や携帯ショートメール(SMS)の送信ができます。

Microsoftアカウントに入っている連絡先とSkypeの連絡先を連動させるかの確認画面です。
「許可しない」か「OK」のうち、どちらかを任意に選択します。
※手順では「OK」を選択して進めています。

Macで無料通話ソフトSkypeの初期設定の時に表示される連絡先にアクセスさせるかどうかの確認画面

 

→ Skypeの画面が表示され、「連絡先」が表示されます。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後の初期設定画面で連絡先が連動して表示される

 

Macで無料通話ソフトSkypeを起動する

Skypeが正常にインストールできると、Finderウィンドウの左側にある「アプリケーション」と「Dock」内にSkypeのショートカットが追加されます。
正常にインストールされていれば、このSkypeのショートカットからSkypeを起動できます。

以下は、Skypeの起動手順です。
※手順ではDock内のSkypeのショートカットを紹介しています。

→ PC画面左下の「Dock」にある「Skype」を選択します。

MacでDockにある無料通話ソフトSkypeを起動する

 

▼参考
スカイプのアイコン

MacのDockにある無料通話ソフトSkypeのアイコン

→ Skypeが起動するので、「Microsoftアカウント」を選択します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定を進めるとSkypeが起動するので「Microsoftアカウント」を選択

 

→ 「Microsoft アカウント」と、「パスワード」を入力し、「サインイン」を選択します。

※注意
Microsoft アカウントは、メールアドレス(@の右側まで全て)を入力します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面で「Microsoft アカウント」と「パスワード」を入力し「サインイン」を選択

 

→ 「続行」を選択します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面で「続行」を選択

 

→ Skypeのセットアップ画面になり、サウンド(音)とビデオ(映像)の確認画面になります。
この画面で、正しく音が聞こえるか、流せているか、映像は映せているかを確認します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面でサウンド(音)とビデオ(映像)の確認画面で動作を確認

 

→ 「スピーカー」欄の「音声をテストする」を選択すると、緑色のバーが出ながら音が出ます。
音を聞く事ができれば、Skypeにより音が正常に出ているので、相手の音声を聞く機能が正常に動いていることになります。

▼参考
大抵のPCにはスピーカーは付いています。
動画等で音が流れているのなら正常にスピーカーは動いています。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面で「スピーカー」欄の「音声をテストする」を選択し緑色のバーが出ながら音が出るか確認

 

→ 「スピーカー -テストサウンドが聞こえますか?」の下には、PCから音を聞くためのスピーカーの種類が表示されます。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面で「スピーカー -テストサウンドが聞こえますか?」の下にPCから音を聞くためのスピーカーの種類が表示される

 

▼参考
私の場合は、USBのスピーカーを使っているので、その種類「スピーカー(USB Audio Divice)」が表示されています。

 

→ 「マイク -ご自分の声が聞こえますか?」の下には、PCに音を入れるためのWebカメラやマイクの種類が表示されます。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面で「マイク -ご自分の声が聞こえますか?」の下にPCに音を入れるためのWebカメラやマイクの種類が表示される

 

▼参考
私の場合は、USBのマイクを使っているので、その種類「マイク(USB Pnp Sound Device)」が表示されています。

 

→ 「マイク」欄は、PCにマイクを接続している状態で音や声を出すと、緑色のバーが出ます。

▼参考
「マイク設定を自動調整」の欄は、PC側で大きすぎる音、小さすぎる音を自動調整してくれるものなので、初期はそのままにする事をおすすめします。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面で「マイク」欄ではPCにマイクを接続している状態で音や声を出すと緑色のバーが表示される

 

※注意
マイクを接続している状態で音や声を出しても緑色のバーが出ない場合は、マイクが正常にSkypeに認識されていません。
マイクを接続し直したり、PCを再起動を試してみてください。

→ 「ビデオ」欄は相手に送る映像です。
PCにWebカメラが搭載されているか、外付けで接続すると映像が表示されます。

※注意
下記の手順画像では、私が動作確認してた時にWebカメラを使っていなかったので映像が映っていません。
Webカメラが搭載されていると、カメラが向いている方向を映します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後に初期設定画面で表示される「ビデオ」欄

 

→ 以上の3点を確認し、各項目、接続しているものが正常に動作していたら「続行」を選択します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップ画面で「続行」を選択

 

→ プロフィール画像を追加する画面が表示されます。

▼参考
プロフィール画像をなしで進める場合は、「後で追加する」を選択します。
手順内では画像を追加する「続行」を選択しました。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップ画面のプロフィール画像を追加する画面

 

→ プロフィール画像の追加画面になります。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップ画面でプロフィール画像を追加画面

 

→ プロフィール画像を追加画面になるので、「参照」か「写真を撮影」を選択してプロフィール画像を設定します。

▼参考
プロフの画像を利用しているWebカメラで写真撮影して使いたい場合は「写真を撮影」を選択
プロフの画像をPC内に保存している任意の画像を使いたい場合は「参照」を選択して、PC内の画像を選択します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップでプロフィール画像を追加画面になるので「参照」か「写真を撮影」を選択しプロフィール画像を設定

 

→ 手順内では、「参照」を選択し、PC内の画像をプロフィール画像にしました。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップでプロフィール画像を追加画面では手順内では「参照」を選択しPC内の画像をプロフィール画像に設定

 

→ プロフィール画像を決めたら「この画像を使用」を選択します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップでプロフィール画像を追加画面ではプロフィール画像を決めたら「この画像を使用」を選択

 

→ 「Skypeを早速使用する」を選択します。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップでプロフィール画像を追加画面した後は「Skypeを早速使用する」を選択

 

→ Skypeが起動して利用できるようになりました。

Macで無料通話ソフトSkypeのインストール後にSkypeのセットアップが終わりSkypeが起動して利用できるようになる

 

これで初期設定が完了しました。

 

Outlook.comとの同期はできても起動ができない場合

スカイプの新規登録は、パソコンのOSによってはOutlook.comとの同期はできても起動ができない場合があります。
WindowsVistaではそういった症状が起きるそうです。

その場合の解決方法は、スカイプとOutlook.comを同期しない状態で、ソフトとして起動させることによってスカイプが使えるようになるケースがあります。

———————–
動作確認環境
Skype(スカイプ)バージョン 7.11.80.102
OSバージョン Windows 7 Home Premium
PCの製造メーカー Lenovo
———————–